レーザー脱毛のデメリット

施術中に痛みを感じる

レーザー脱毛とは、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応するレーザーを照射することで発毛組織にダメージを与える施術です。光脱毛に比べてレーザーの出力がとても高いために、永久脱毛を期待できます。しかしながら、施術の際に強い痛みを感じる点がデメリットだと言えます。ムダ毛の量が多くて太い箇所ほどレーザーは強く反応するので、VIOや両足の施術の際に特に強い痛みを感じやすいです。痛いのが嫌だという理由で、クリニックに通うのをやめてしまう人も少なからずいます。しかし、昨今ではストレスなくムダ毛のケアができるように、施術時に麻酔を使うクリニックも少なくありません。したがって、強い痛みが苦手な方は、事前のカウンセリングの際に麻酔を使用してくれるかどうか確認しておくと良いでしょう。

肌トラブルが起こりやすい

レーザー脱毛の場合、施術後に肌トラブルが起こりやすいこともデメリットと言えるでしょう。そもそもレーザーを肌に照射すると、その熱の作用によって肌は一時的にデリケートな状態になります。その結果、肌の乾燥や赤み、痛み、肌荒れなどのトラブルが生じやすいです。特に敏感肌や乾燥肌の方の場合、レーザの刺激によって皮膚の炎症、火傷などの症状が起きやすいです。ただレーザー脱毛は医療機関でしか受けられないので、万が一、術後に肌トラブルが起こった時でも医師の適切な処置を受けられます。たとえ、施術時に火傷をしてもすぐに治療を行ってくれるので安心です。しかし、レーザー脱毛は肌へのダメージが大きいために、デリケートな肌の方は事前にきちんと熟慮する必要があります。