フラッシュ脱毛の注意点

永久脱毛ではないことに注意

フラッシュ脱毛は、医療機関でなくても扱える比較的弱めの光を照射する方法です。基本的には、永久脱毛は実現できないことを覚えておきましょう。永久脱毛は医療行為に当たるため、フラッシュ脱毛を取り扱う脱毛サロンではなく、より強力なレーザーを用いる脱毛クリニックで受けることになります。もちろんフラッシュ脱毛でも全く効果がないわけではなく、全体的に毛を薄くすることはできます。そのため完全に毛が生えてこなくなるようにしたいのではなく、薄くなれば問題なかったり、自分での処理の負担を減らすといった目的に合っています。全身脱毛の場合は部位によって求める脱毛度合いが異なるため、全ての部位で問題がないかどうかを確かめることも大切です。

複数の種類に分かれる

フラッシュ脱毛には、毛が持つメラニン色素に反応させて熱を生み出すことで脱毛をするタイプや、身体の組織側にある毛が生える仕組みに直接働きかけるものなど複数の種類があります。そして、それぞれ異なる特徴を持ち、肌と毛の性質との相性が大きく関係してきます。そのため自身の性質に最も合ったものを選ぶことが大切です。特に日焼けをしていて肌にメラニン色素が多かったり、生まれつき敏感肌の人は、選択できるタイプが絞られます。フラッシュ脱毛のタイプによって使用する機械が異なるので、自身の肌に合う機械が使われているサロンを見つけなければなりません。すでに自身の性質がある程度分かっているのであれば、最初に機械の種類を条件にするのも良いでしょう。